彼氏に傷つけられた姉の身体を17歳弟が発見!「誰にヤラれたんだ?」→真相を知った弟は…

2019-01-30 11:57:06

暴力をふるう父親との父子家庭で育った姉弟

幼少期から虐待を受けていた姉弟の感動秘話

今回のお話の主人公である姉は、今年20歳の女子大生。弟(仮称:トラオ君)は3歳差で高校二年生。

母親が存命の頃はごく普通の家庭だったそうなのですが、トラオ君が生まれてから間もなく、お母さんは病気で亡くなってしまいました。それからというもの、父親はまるで人が変わってしまったかのように暴力的になり、時には幼い姉弟に手を上げたり、知らない若い女性を自宅に連れ込んだりするようになってしまったそうです。

 

幼い姉弟は、その状況に耐えるしか生きる術はありませんでした。

 

しかし、お母さんが亡くなってから約二年が過ぎたころ、事態は急転します。

お母さん方の祖父母が子供たちの異変にようやく気付き、一悶着あったものの、幼い姉弟を引き取ってくれたそうです。

 

お姉ちゃんが5歳、トラオ君が2歳の頃の事です。

 

お母さん方の祖父母宅には、母兄夫婦が同居していましたが一緒に暮らすようになり、まるで我が子のように可愛がってくれたそうで、弟のトラオ君もちょっとシスコンの気があるものの、剣道の強い健全な高校生に育ちました。

 

お姉ちゃんも、女子として青春を謳歌する事ができたそうです。

初めて彼氏ができた時にはみんなが祝ってくれ、母兄の奥さん(叔母さん)からは性教育を受けたり、時には叱ってもらったり、本当の家族のように過ごしてきました。

 

 

しかし、お姉ちゃんが女子大生になり一人暮らしを始めた途端、幸せだった生活が一変します。

 

幼き姉弟を苦しめ続けた父親との辛い過去を彷彿させるような事態が、再び起こってしまうという不遇に巻き込まれる事に・・・

お姉ちゃんにできた年上彼氏がドSだった!

お姉ちゃんが大学に入学してしばらくした後、年上の彼氏(仮称:カレオ)ができました。カレオは年上だけあって頼りがいがあり、優しくて好青年。

 

お姉ちゃんも幸せな毎日を過ごしており、しばらくして

結婚するならカレオがいいかもなぁ

 

と思い始め、カレオに色々委ねるようになってきた頃、カレオが本性を現しだしたそうです。

 

言葉遣いが荒くなり、時には暴力を振るうようにも。

 

カレオ

元々、俺ドSだからさ(笑)

 

と、付き合い始めの頃に言っていたそうなのですが、その意味をやっと理解するようになったお姉ちゃん。

 

カレオは両親と同居していた為、何かと一人暮らしのお姉ちゃんの部屋に入り浸り、身体を求めます。

 

今日はちょっと気分が乗らないから・・・

お姉ちゃん

 

などと少しでも拒否しようものなら暴言暴力。

生理の時でもお構いなし。

 

プレイ内容もドSそのもので、お姉ちゃんへの征服感に快楽を求めるような異常性癖のカレオ。

 

そんなカレオの姿に恐怖心を抱いていしまったお姉ちゃんは逃げ出すこともできず、父親の昔の記憶を呼び起こしてしまい、ただ黙って耐えるようになってしまいました。

 

友達にすら相談することもしなかったそうです。

 

そんな状態を2年も耐え続けたお姉ちゃんに、ようやく転機が訪れます。

 

関連記事